Intel第13世代情報まとめ 

※アフィリエイト広告を利用しています
PC情報

こんにちは、ハズウェルおじさんです。Intel第13世代CPUで定格動作6GHzで駆動したというニュースがありました。イスラエルで「Intel Technology Tour 2022」を開催しておりそこで発表がありました。

AMDの新型Ryzenが5.7Ghzでしたからそれを上回ってきました。しかも、記事にあるのはOCでは8GHz越えとのこと。8Ghz越えは液体窒素を使ってのことですがすごいですね!!

しかし以下のことが書かれており、まだまだ確定ではないようです。もうしばらくいろんな情報が飛び交うのでしょう。

イベントで公開された第13世代Intel Coreプロセッサ「Raptor Lake」のチャートによると、おそらく最上位モデルであるIntel Core i9-13900Kでもブースト周波数は最高5.8GHzになっており、Intelが述べる「定格動作クロック6GHz」がどの製品でどういう状況だと実現するのかは明らかにされていません。

最大6GHz駆動を実現! Intelが第13世代Coreに至る道のりをイスラエルで公開
Intelが“世界中の”メディアを集めてイスラエルの研究開発拠点「Israel Development Center(IDC)」の見学ツアーを開催した。その基調講演において、IDCが開発してきたCPUの歴史と、間もなく登場がうわさされる第1...
Intelの第13世代Coreプロセッサ「Raptor Lake」でついに動作クロック6GHzに到達か、オーバークロックでは8GHz超えも記録
Intelがイスラエルのテルアビブ市で開催しているイベント・Intel Technology Tour 2022で、第13世代Coreプロセッサ「Raptor Lake」が定格で6GHzの動作クロックを実現することを明らかにしました。また、...

Intel13世代のCPUは簡易水冷が必須となるんでしょうね。発熱がどのくらいになるのか気になります。最上位モデルは今のクーラーで冷やしきれるのか?

新型Ryzenとガチンコでやり始めたので発売が楽しみです。

PC情報
スポンサーリンク
ハズウェルおじさんの色々なこと

コメント