Intel第13世代CPU「RaptorLake」まとめ

※アフィリエイト広告を利用しています
PC情報

Intelでは2022年秋頃を目途に第13世代Core CPUのデスクトップ向けである「RaptorLake」を発売予定です。ここでは現在判明しているRaptor Lakeの仕様や各最新情報の記事一覧をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

基本情報

『Raptor Lake』はIntelの第13世代Core CPUとなります。このRaptor Lakeは2021年11月から発売が開始されたAlder Lakeの後継モデルとなり、引き続きハイブリッドアーキテクチャーと10nmプロセスを採用し、デスクトップ向けモデルは『Raptor Lake-S』、モバイル向けにはハイエンドモデルには『Raptor Lake-H』、一般的なラップトップやタブレット向けに『Raptor Lake-P/M』がラインアップされる予定となっています。

いつも通り12、13世代は共通でマザボもアップデートで対応すると思いますがどうですかね?
ZとHは多分対応すると思うけど…14世代は7nmプロセスを採用するという話ですからまたLGAの規格が変わるんでしょう。私は14世代に期待しています。消費電力と発熱が抑えられるんじゃないかと。

2022年10月以降にハイエンドモデルから登場する

オーバークロックが可能なCore i9-13900K/KF、Core i7-13700K/KF、Core i5-13600K/KFの6モデルが2022年10月から12月の間に発売がされる見込み。

その後に2023年1月に開催されるCES2023にてモバイル向けRaptor Lake-H/P/Mおよびデスクトップ向けにエントリーからミドルレンジモデル向けRaptor Lake-Sをリリースする予定。

これもいつも通りですね。ハイエンドから出してその後にi3、セレロンなどがでる。

big.LITTLEハイブリッドアーキテクチャーをさらに強化

Raptor LakeではAlder Lakeで初めて投入されたbig.LITTLEとなるハイブリッドアーキテクチャーを引き続き採用します。ただ、Raptor Lakeでは従来まで最大8コアだったLITTLEコア(E-Core)を最大16コアに倍増、高い電力効率や多少負荷がかかるタスクでもP-Coreを使わず、E-Coreのみで動作が可能となり消費電力の低減が実現すると見られています。

Eコアを増やしてきましたね。これは予想通りでしたね。

Core系(P-Core)はRaptor Coveへ進化。L2キャッシュは最大32MB搭載。

Alder LakeやRaptor Lakeに搭載されているP-Coreは動画エンコードやゲーミングなど負荷が高い処理が必要となる時に動作するコアで、CPU自体の性能を左右するコアとなっています。

そんなP-Coreですが、Raptor LakeではAlder Lakeに搭載されていたGolden CoveアーキテクチャーからRaptor Coveアーキテクチャーに進化します。

このRaptor Coveでの主な変更点はキャッシュ周りの大幅強化と動作クロックの向上が挙げられています。キャッシュ周りではL2キャッシュが各P-Core辺りAlder Lakeの1.25MBから2MBに増量、E-Core側は4コア辺り2MBから4MBに倍増し、P-Core8コア+E-Core 16コアでL2キャッシュは合計32MBになります。

L3キャッシュはP-Core分は1コア辺り3MBでAlder Lakeと変わりませんが、E-Coreが8コア増えている分L3キャッシュは36MBとなり、Raptor LakeのCPUコアとしては最大68MBのキャッシュを搭載しています。

これはよくわかりませんが、Pコアがちょっと良くなるということでしょう。

動作クロックは最大5.8 GHzに迫る?

Alder Lake-Sの最上位モデルであるCore i9-12900KSでは動作クロックが最大5.5 GHzとなっていますが、Raptor Lake-Sの最上位モデルCore i9-13900Kにおいては10nmプロセスの熟成が進んだことから動作クロックは最大5.8 GHzに達すると見られています。

ただし、動作クロックが高い分、ピーク時の消費電力(MTP)はCore i9-12900KSの260Wから300W程度に増える見込みで高い動作クロックでの運用を考えている場合、強力な電力回路とそれらを十分冷やせる能力を持つ高価なマザーボードを購入する必要があリそうです。

動作クロック5.8GHzですよ。すごいです。発熱もすごいことになるんでしょう。簡易水冷が今後は必須になっていくんでしょう。

DDR4およびDDR5両方に対応

Alder Lakeに対応する600シリーズマザーボードにおいてはマザーボードメーカーが商品に応じてDDR4かDDR5が選択が可能でしたが、Raptor Lakeにおいても600シリーズマザーボードに対応することからDDR4への対応は行われる見込みです。

また、Raptor Lakeとともに登場する700シリーズマザーボードにおいてもDDR4への対応が一部マザーボードでは行われますがIntelではDDR5推奨という姿勢を示す見込みで、Alder Lake世代とともに登場した600シリーズマザーボードよりDDR4対応モデルは少なくなる可能性があります。

今後はDDR5が主流になっていくので買うならDDR5版かなと思っています。

Raptor Lake-Sの価格は現行Alder Lake-Sとほぼ同じになる模様

Raptor Lake-Sでは最上位モデルはP-Core8コア据え置きなものの、E-Coreは8コアから16コアに倍増する見込みになっています。ただ、Intelでは価格を大きく上げる計画はない様で、現行のAlder Lake-Sとほぼ同じ価格帯での販売が行われる見込みになっています。

価格は少し上がると思っています。現在の為替だったり輸送費の高騰などあっている為。
後はAMDがどこまでやってくるかでまた変わってくると思います。エンドユーザーにはお互いに競い合っていい商品を安く届けてくれるのが一番ですよね。

なんだかんだ言って13世代のベンチマークは楽しみです。

PC情報
スポンサーリンク
ハズウェルおじさんの色々なこと

コメント